黒ラブ トビ一家のおまぬけな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 結局眠れず 菩提山城へ

<<   作成日時 : 2014/05/09 17:04   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

お話は前回の続きから・・・



すっかりお昼寝のタイミングを逃した かめちゃん。(笑)

短期集中午睡 をした夫くん



次は 菩提山城跡のある 岐阜県垂井町にむかいますよ〜 GO! GO!

地理が苦手な方に簡単に説明すると 垂井町は、関ヶ原の隣町です。 



菩提山城は、竹中半兵衛の父が築城し 半兵衛16歳の時 家督を継ぎ治めた地です。

八幡神社脇に 大手道の入口が

画像



えっ そんなに歩きますか・・・。


画像



うっそうとした山道・・・。
時間は午後3時半。 

岐阜城の疲れも残ってますし 今日は登るの辞めておきま〜す。




八幡神社のお隣にある禅幢寺

画像


画像



夫くん&びーたんは、車で待機。 かめちゃん1人で お寺へ




山門で 中年男性グループと遭遇。


おっちゃん@ :  「ネエちゃんも NHKの大河見てここへ 来たんか?」

かめちゃん  :  「 はい 」



おっちゃんA : 「どこから 来たんや 」

かめちゃん  : 「群馬です」



おっちゃんB  : 「群馬から自転車で来たんか? 1人で?」

かめちゃん   : 「 えっ?????」



どうして? なんで? 中年女自転車ひとり旅になってるのーーー??



必死で自己分析

@ リュックを背負っているから
A 肩から二の腕にかけて 太い
B 尻デカ 腿ハリ・・・




ん〜 ん〜


おっちゃん@AB 「ほなネエちゃん がんばってな〜 」



まあ いいか。


画像


本堂をお参りしてから お目当ての場所へ。



画像



竹中半兵衛公のお墓


大河でいうと 来週か再来週あたりに放送になると思われますが、

三木城攻めの最中 半兵衛は肺病のため 36歳で亡くなります。

いったん現在の三木市平井山に埋蔵された後

息子の重門公によって こちらの寺院に移葬されたと云われています。

同じ寺院に 半兵衛の父と弟のお墓 そして小西行長のお墓(祟りを鎮める為の供養塔墓)もありました。




さあ 自転車で(笑) 竹中氏陣屋跡へ向かいましょうか



画像



竹中氏陣屋跡


半兵衛の息子 重門の時代 平時には山城の菩提山城は不便なことから

麓に岩手城を築いたといわれています。

江戸時代に竹中氏が旗本身分に留まったため城は陣屋と呼ばれるようになりました。

現在は、櫓門、水堀の一部分、石垣の一部分が残っているのみです。



画像



画像



竹中半兵衛と 亀中夫兵衛 と 床机椅子びーたん

画像



バカなことしてないで 次の目的地に行くよ〜。



画像



本日最後の 目的地 五明稲荷です。 ↑ 説明書きを是非読んでください。

ちょうど 来週の大河の場面ですよ〜!!


三木城攻めの最中 謀反を起こした荒木村重を説得しに 単騎で有岡城へむかった黒田官兵衛。(岡田君)

しかし説得どころか幽閉されてしまいます。



信長は、有岡城に幽閉され連絡の取れなくなった官兵衛を寝返ったと勘違いし

 「人質の松寿丸を殺せ」 

と秀吉に命令します。困った秀吉は半兵衛(谷原さん)に一任。


半兵衛(谷原さん)は黒田官兵衛(岡田君)が裏切るはずがない!と 秀吉にも内緒で この場所に松寿丸を匿い 


「松寿丸は殺した」 と嘘の報告をするのです。


1年後 有岡城から助け出された官兵衛(岡田君)


殺されたと思っていた息子の松寿丸。しかし半兵衛(谷原さん)の機転で 密かに生きていたのです。


官兵衛がどんなに感謝の気持ちを伝えたくても 伝えらえませんでした。 


このとき半兵衛は一生を終えてしまっていたのです。


画像



松寿丸が この地を去るときに 手植えしたと云われている 銀杏の木。



半兵衛の行いに いたく感動した夫くん。

画像
 


その夜 みねちゃん&マコ夫婦と みねちゃんのお友達エツコさん相手に 

熱く語る夫君がいましたとさ。

チャンチャン♪


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ためになるね〜。
歴史に疎い私、かめちゃんのおかげで歴史の話にまざっても「あ、聞いたことある!」といえるようになりましたぁ。
今年の秋は、犬山城を見にいきます。桃太郎神社も近そうだね。私は温泉のあとは、お酒は我慢!ダンナさんの眠気が来た時に運転しなくちゃならないんだ
simatoki
2014/05/17 16:00
 simatokiさんへ

こんにちは 秋に犬山城に行かれるんですか?? わーい!
急階段で 足腰が疲れるので覚悟してくださいね。
桃太郎神社は 薄暗いので明るいうちに行くのがおすすめですよ。
桃太郎の かわいいあそこ を見てきてください(爆笑)
かめちゃん
2014/06/10 13:02
大河ドラマではこの前の週に官兵衛が助け出されて、松寿丸と再会するという感動シーンでしたね。
わたし、涙・涙でテレビをみてました。。・・ここに匿われていたのですね。

会話のおっちゃんたちは関西人でしょうか?ふふ・・面白いね^^
はこふぐ
2014/06/11 09:22
 はこふぐさんへ

そうそうそうでーす。大河で放送したところですよ。
涙 涙ですよね。歴史を知ってから行くと 銀杏の木も神々しくみえます。

会話のおっちゃんたち 関西人です。言葉の使い方間違ってる??
かめちゃん
2014/06/11 16:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
結局眠れず 菩提山城へ 黒ラブ トビ一家のおまぬけな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる